映画バンブルビーのあらすじ&公開日&キャスト監督をサクッとおさらい!

どうもー、奄野郎です!


大ヒットSF映画トランスフォーマーシリーズ初のスピンオフ映画「バンブルビー」が、2019年3月22日にいよいよ公開されます。


映画トランスフォーマーシリーズは、全5作で累計興行収入が5,000億円を突破した映画であり、本作も先行公開したアメリカでは大ヒットしました。


今回は映画「バンブルビー」のあらすじ&キャスト情報&監督情報&トランスフォーマー情報について、詳しくご紹介させていただきます。



トランスフォーマーの原点は日本!



実写版映画トランスフォーマーはアメリカハリウッド映画ですが、その原作は実は日本なんです。


元々トランスフォーマーは「ダイアクロン」や「ミクロマン」といった子供用玩具メーカー「タカラトミー」が開発したものでした。


その後、初代アニメ「戦え! 超ロボット生命体 トランスフォーマー」がアメリカで放映されます。


こちらのアニメはほのぼのした作品で、全く実写版映画とは似ても似つかない作品でした(製作は東映アニメーション)


ちなみに2019年は、トランスフォーマーシリーズがアメリカに展開してから丁度35周年を迎える記念すべき年です。


また現在、本シリーズは全世界130カ国に展開して、スターウォーズやスパイダーマンに匹敵する一大シリーズへと成長しました。

映画トランスフォーマーシリーズをサクッとご紹介!



現在の実写版トランスフォーマーがスタートしたのは2007年からです。

①トランスフォーマー(2007年)


②トランスフォーマー/リベンジ(2009年)


③トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年)


④トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年)


⑤トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年)



これまでに合計5作品が作られています。


第1作目の監督は「アルマゲドン」のマイケル・ベイさん、そして製作総指揮はあのスティーブン・スピルバーグさんです。


スピルバーグさんが製作ということで、実写とCGの融合がバツグンに上手く、爆破や破壊シーンはまるで本物のような臨場感を感じさせる迫力でした。


そして、ここから実写版トランスフォーマーシリーズがスタートします。

新作映画バンブルビーのあらすじ!



物語の舞台は、アメリカサンフランシスコ郊外の海沿いの小さな田舎町から始まります。


主人公は愛する父親を亡くし、今だにその哀しみから立ち直れない思春期の孤独な少女チャーリーです。


チャーリーは18才の誕生日に、町の廃品置き場で掘り出し物を探していました。


そんな中ボロボロのシートをはがすと、そこには廃車寸前の小さな黄色い車がありました。


チャーリーはその車を一目見て気に入りましたが、車を買うお金は持ってはいませんでした。


チャーリーは老店主に車代を稼ぐために、ここで働かせてくれと直談判をします。


すると、老店主は何とただで車を譲ってくれます。


車を自宅のガレージに入れたチャーリーは、車から何かが落ちた様な音がします。


思わず覗き込むとそこには人型のロボットの顔がありました。


次の瞬間、その小さな車は変形(トランスフォーム)をして人型ロボットになります。


チャーリーは驚いてその場に腰を抜かしましたが、その人型ロボットも怯えていました。


チャーリーは、その人型ロボットに危険がなさそうだということを感じ取ると「バンブルビー(黄色い蜂)」と名付けて、自宅でかくまうことにします。


バンブルビーはコミニュケーションはできるものの、しゃべることも過去の記憶もありませんでした。


チャーリーはバンブルビーの過去に気になりつつも、自分と同じように心に傷を持っていることに気がつきます。


正体不明のバンブルビーとチャーリーは、お互いが似たもの同士だと感じ取り、友情にも似た何かが芽生えます。


ところがその後、二人はバンブルビーを巡り、予想だにしない出来事に巻き込まれていきます。

バンブルビー初めての相棒 チャーリー役 ヘイリー・スタインフェルド 



バンブルビーの初めての相棒でもあり、主演のチャーリー役には、ヘイリー・スタインフェルドさんが抜擢されました。


ヘイリーさんはアメリカカリフォルニア州出身、1996年12月11日生まれの現在22歳です。


見た目は日本人と背格好が同じように見えますが、身長は173cmになります。


芸能界デビューは8歳、子役モデルからスタートしています。


その後、様々なテレビや映画に出演をします。


2016年「スウィート17モンスター」に主演したことで、一躍スターダムにのし上がります。


また2015年には、ポップ歌手としてもデビューします。


現在、彼女の曲は世界中で合計20億ストリームも配信されています。


また2019年には、長編アニメ「スパイダーマン スパイダーバース」でも声優を務めることになっており、現在ハリウッドでも注目株の若手女優です。

バンブルビーの監督はナイキ創業者の次男!



トランスフォーマーシリーズの監督は、これまではマイケル・ベイさんでした。


ところが本作からトラヴィス・ナイトさんに交代しています。


トラヴィスさんはアメリカオレゴン州出身で、1973年生まれの現在46歳です。


父親は何とナイキの創業者フィル・ナイトさんです。


元々はアニメーターとしてキャリアをスタートされ、所属していたアニメ制作会社が経営危機になったことから、父親のフィル・ナイトさんがその会社を買収、その後社名を「ライカ」に変更、自身もCEOに就任しています。


初監督作品が2016年公開の「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」です。


こちらは、日本のおとぎ話がヒントになって作られたストップモーション・アニメです。


また、トラヴィスさん自身も大の日本好きとしても有名で、8歳の時父親のフィルさんについて日本に行った時に、日本の美術や建築に強い衝撃を受けてそれ以来大の日本好きになったといわれています。