グーグルクロームと他の検索エンジンを比較!メリットは?進化し続け世界1位!

どうもー、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


あなたは現在、どのブラウザを使っていますか。


ブラウザといえばパソコンが出始めたころは、マイクロソフトの「インターネットエクスプローラー」を誰もが使っていましたよね。


しかし今では、グーグルが開発している「グーグルクローム」が全世界で圧倒的なシェアを持っています。


なぜ、ここまで「グーグルクローム」が人気なのでしょうか?


今回は、2019年最強のブラウザ「グーグルクローム」についてご紹介させていただきます。



検索エンジンとブラウザは一体何が違うの?



あなたは検索エンジンと、ブラウザの違いについてご存知でしょうか?


パソコンを起動させると必ず「検索窓」があるページが開きますよね。


どちらも同じように見えますが、この2つは一体何が違うのでしょうか?


検索エンジンを一言でいうと独自の評価システムで、評価したものを順位づけして表示するシステムのことです。


検索エンジン次第では、順位は異なります。

【2019年2月の全世界での検索エンジンのシェア】

123456
検索エンジンGoogleBingバイドウYahooヤンデックスその他
シェア78.2%8.0%7.3%3.4%1.5%1.6%

※3位のバイドウ(百度)は中国のみでしか使われていません。

スポンサーリンク

ブラウザとは?



ブラウザはパッと見、検索エンジンと区別はつきませんよね。


ブラウザを一言でいうと「インターネット(ウェブサイト)を閲覧する為のソフト」ということになります。


つまりブラウザがパソコンにインストールされてないと、インターネット(ウェブサイト)は一切使えないということになります。


ちなみにブラウザという言葉は、browse「閲覧する」が、browser(ブラウザ)という「閲覧ソフト」という意味になったものです。

【世界のブラウザのシェア比較】

12345
ブラウザクロムサファリファイヤーフォックスUCブラウザその他
シェア61.72%15.23%4.66%3.83%約11%



ご存知のように2位のサファリはApple製品用のブラウザなので、アップル製品のシェアが高いほどサファリのシェアも高まります。

グーグルクロームについて



「グーグルクローム」が発売されたのは、2008年9月2日でした。


本国アメリカでは、1週間で約200万人がダウンロードしたといわれるほど、スタートから人気がありました。


「グーグルクローム」の大きな特徴は「処理能力」「応答速度」の高速化です。


それまでのブラウザは、あくまで「処理能力」のみの速度を速めていました。


ところが「グーグルクローム」は処理だけではなく「0.5秒以内」という「応答速度」にこだわったのです。


この「0.5秒以内」という「応答速度」の速さこそが「グーグルクローム」が他のブラウザとは決定的に違うところです。


「グーグルクローム」が「処理能力」と「応答速度」で高速化できる理由として「マルチプロセスアーキテクチャ」という設計にあります。


「マルチプロセスアーキテクチャ」を一言でいうなら「マルチタスク(いくつもの仕事を同時にする機能)」です。


この「グーグルクローム」が発表された当時、ほとんどのブラウザは「シングルタスク(一つの仕事のみをする機能)」しかありませんでした。



グーグルクロームを使うメリットとは?



では「グーグルクローム」を使うメリットには何があるのでしょうか?

①電源を入れてからの起動が速い


②ページの読み込み速度が速い


③どんなデバイスにも対応できる


④プラグインなど拡張、カスタマイズ度が高い


⑤他のブラウザから簡単にのりかえができる


⑥「グーグルの検索エンジン」との相性が良い(特に重要)


⑦その他



など、とにかく有り余るほどのユーザビリティの高さを持っています。


逆にいうと他のブラウザの欠点を、全て改善しているブラウザといえます。

なぜ「グーグルクローム」全世界でシェア1位になったのか?



ここまで読んでいただくと、グーグルクロームが全世界でシェア1位になった理由はお分かりだと思います。

①とにかく速い


②グーグルの検索エンジンとの相性が良い


③使い勝手がいい



この3つだけでも、他のブラウザでは絶対に勝てないものを持っているので、必然的に「グーグルクローム」は全世界でシェア1位になったのではないでしょうか。

まとめ



今回は「グーグルクローム」についてご紹介させていただきました。


「グーグルクローム」はシェアも1位ですが、今だに進化をし続けています。


これから先、もっともっとユーザにとって使い勝手の良いブラウザになっていくのではないでしょうか。