会社の朝礼は好き?嫌い?毎朝する意味はあるの?ないの?

社畜ブロガーこと奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


奄野郎の会社では毎朝、朝礼を行うんですけど最近ふと思うんですよ。


朝礼って毎朝、毎週やる必要あるの?ってね。


奄野郎は、会社の朝礼をやる必要はないと思っているタイプです。


んじゃ、なんでそう思うのか話したいと思います。



朝礼は社員のモチベーションを下げる?



毎朝、毎週、朝礼を行なってる日本の企業って多くないですか?


奄野郎は朝礼に関しては、社長や役員の単なるエゴでやっているとしか思えません。
(こんなん書いたらまた炎上するで)


会社側としたら良かれと思ってやっるのかも知れませんが、もうあの時間ほどツライものはありません。


だって朝礼中の従業員の顔、死んでますもん(笑)


仮に奄野郎が1人1人、今日の豊富や意気込みなんかを発表させられる会社に入社してしまった日には、1日で辞めてるでしょうね。


まぁ確認事項の徹底を社長や役員がして、ハイ終わり!の程度であればまだ良いんですけど、1人1人の意気込みやヤル気を発表しないといけないとか、どこぞのヤ○ザの世界やねん!って思っちゃいます。


会社内での教育や訓練のためだとか理由をあげて言ってますけど、従業員は20歳を過ぎた社会人がほとんどでしょうし、ある程度の自覚や責任をもって仕事に臨んでる人が多いでしょうから、朝礼をするくらいなら、それぞれの部署や従業員同士でミーティングを持った方がまだマシだと思ってます。


それと、朝礼ってなんか緊張感があるんですよね。


なんで、わざわざ朝からあんなにまで緊張しなければいけないのかと、嫌で仕方なくてたまりません。


奄野郎は朝礼をしてモチベーションが上がるどころか、ダダ下がりしてしまいます。

海外では朝礼をすることってあるの?



海外の企業でも、朝礼は一般的に行われているのか調べたのですが、海外では朝礼を行う企業はほとんどないようです。


日本の企業で働いている外国人も「日本の企業のここがおかしい!」という、No1に朝礼をすることとあげています。


日本の会社もかなりグローバルな企業が増えており、朝礼もスマートにおこなうところが増えましたが、いまだに社訓を唱和をしたり、社歌を歌ったりする日本的な朝礼を行う企業が現在も数多くあります。


これも外国人からしたら、日本の企業のここがおかしいと思われてしまう要因なんでしょう。


海外では、雇い主と雇われる側の雇用関係が日本よりもドライであり実力社会なので、日本のように社員一丸となって会社内で団結の意識を高める必要はないと考えられているから、朝礼をしないところが多いんでしょうか。


そもそも、朝礼をするから団結の意識が高まるとは、奄野郎は思いませんけど。


ただ、外国の工場などでは朝礼を行うところがあるみたいです。


それでも、毎日ではなく月に1、2回がスタンダードになってるようです。


毎日、毎週、朝礼をするという昔の日本の風習を、いつまでも残しておくというのはいかがなものでしょうか。

日本人は朝礼をどう思ってるのか?



では、日本人は自分の会社の朝礼に対してどう思っているのでしょうか。


「朝礼 好き」と検索したら、朝礼でするスピーチの例文がズラリと出てきます。


もうこの時点で毎朝、朝礼のスピーチを考えなければいけない苦痛と戦っている人が多いんだろうなと、奄野郎は感じました。


やはり人前に出て話すというのが、日本人はあまり上手ではないような気がしますが、前に出てスピーチなんかするより、社員同士で営業トークの練習をした方がよっぽど効果的だと思います。


奄野郎もいっとき外資系の企業にいましたが、朝礼ではなくて、朝は営業マン同士でトークの練習をしてから営業に出てましたからね。


そっちの方が、全然マシだと思います。


果たして、朝礼でスピーチをする意味があるんでしょうか。


次に「朝礼 嫌い」で検索したら、まぁネガティブな記事が出るわ出るわで、お祭り状態でありました(笑)


やはり日本人の中には、朝礼が嫌いという人や苦手意識を持っている人って圧倒的に多いのではないのでしょうか。

朝礼は悪いイメージばかりでもない



先ほどは、外国人も朝礼を苦手にしている人が多いと書きましたが、朝礼に対してこのように解釈している外国人もいらっしゃいます。

「僕のところだって朝礼があるよ。眠いけれど、あの場で進行中のプロジェクトの状況を全社員で共有したりするのには意味があるとも思うな。」

「私のところも同じ! でも朝礼の内容は日本的な感じじゃなくて、同僚がお互いのことをよく知ることが目的ね。」
引用元:日本で働く外国人社員が「本音」を大暴露!


このように、朝礼というのはコミニュケーションのツールと捉えている、外国の方も中にはいらっしゃるという事ですね。


まぁそういう企業は、ガチガチの朝礼というよりはミーティングみたいな感じで朝礼を行っているのではと思います。

まとめ!朝礼は毎朝、毎週する必要はない!



最後はもう奄野郎の思慮で話しますが、今の若者が会社に行きたくないと思う理由の1つにも朝礼は入っていると思います。


現に奄野郎は30代のオッサンですが、朝礼がめちゃくちゃ嫌いなので。


まぁやるにしても、いちいち整列してスピーチをしたりみんなで社訓を読み上げたり、社歌を歌ったりするというスタイルではなく、イスに座りながら個人の今の仕事の進捗状況だったり、会社の現状を話し合ったりするだけで十分だと思います。


まぁ奄野郎はそれですら、嫌な時がありますけどね(笑)


職場で働く人は、自覚をもった社会人ばかりだと思うので、朝礼に全く意味をなさないと奄野郎は思ってます。


日本の企業は、朝礼に対しての改善を行っていって欲しいと切に願いながら、奄野郎の感想で最後は締めくくります。


今日も記事を読んでいただき、ありがとうございました。