【mineoマイネオ】2019通話料金プランまとめ&比較【最新版】au&ソフトバンク&ドコモ

どうもー、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


「mineo」は、2018年度のSIMフリー回線会社シェアでは首位の「楽天モバイル」についで第2位という好位置につけています。


では「mineo」の2019年度最新版の料金プランとは、一体どんなものなのでしょうか?


今回は「mineo(マイネオ)」料金プランのまとめをわかりやすくご紹介させていただきます。



mineoの特徴について



「mineo」にはいくつか他社にはない、はっきりとした特徴があります。

特徴1



「mineo」の大きな特徴はドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線から好きな回線を選ぶことができることです。


「mineo」はサブ3大キャリアといわれるほど、3大キャリアからの移行がやりやすいです。


電話番号もそのままで乗り換えることができます。


ただし料金はそれぞれ異なります。

特徴2



「mineo」の2つ目の特徴が、iPhone利用者がとにかく多いことです。


毎年、iPhone利用者のシェアでは首位を獲得しています。

特徴3



特徴の3つ目は、データ通信のみの「データSIM」と、音声通話もできる「音声通話SIM」の2つから基本的に選ぶことになります。


「mineo」は2台持ち、3台持ちなど複数のスマホの契約に適しています。

\スマートフォンの保険/
・1契約で3台まで保証可能で月額700円
・年間で最大10万円まで

ドコモプラン



●Dプラン料金表

シングルタイプデュアルタイプ
500MB700円1,400円
3GB900円1,600円
6GB1,580円2,280円
10GB2,520円3,220円
20GB3,980円4,680円
30GB5,900円6,600円



●ドコモエリア

通信エリア
データ通信Xi(クロッシィ)エリア、FOMAエリア
音声通話Xi(クロッシィ)エリア、FOMAエリア

※シングルタイプとは「データ通信のみ」、デュアルタイプとは「データ通信+音声通話」のことになります。

auプラン



●Aプラン

シングルタイプデュアルタイプ
500MB700円1,310円
3GB900円1,510円
6GB1,580円2,190円
10GB2,520円3,130円
20GB3,980円4,590円
30GB5,900円6,510円



●auエリア

通信エリア
データ通信au 4G LTEサービスエリア
音声通話au 4G LTEサービスエリア、au 3Gサービスエリア

※シングルタイプとは「データ通信のみ」、デュアルタイプとは「データ通信+音声通話」のことになります。

ソフトバンクプラン



●Sプラン

シングルタイプデュアルタイプ
500MB790円1,750円
3GB990円1,950円
6GB1,670円2,630円
10GB2,610円3,570円
20GB4,070円5,030円
30GB5,990円6,950円



●ソフトバンクエリア

通信エリア
データ通信SoftBank 3Gエリア、SoftBank 4G LTEエリア、SoftBank 4Gエリア
音声通話SoftBank 3Gエリア、SoftBank 4G LTEエリア

※シングルタイプとは「データ通信のみ」、デュアルタイプとは「データ通信+音声通話」のことになります。

mineoの通話料



「mineo」の通話料はオプションなしでは、国内一律通話料が30秒で20円になります。


●通話オプション

オプションサービス料金
mineoでんわ 国内通話通常より53%オフ30秒10円(税込)
mineoでんわ 10分かけ放題10分以内なら何回でもOK月額850円
通話定額30/60月間最大30分間または60分間定額月額840円~

※通話定額30/60では、最大30分以内であれば何回でもかけても月額料金840円、最大60分以内なら何回かけても月額料金1,680円でご利用できます。

まとめ



今回は「mineo(マイネオ)」料金プランのまとめをご紹介させていただきました。


「mineo」に人気がある秘密は、ひとつには料金がわかりやすいというのがあるのではないでしょうか。


3大キャリアの料金プランは複雑なので、そのへんの理由からの流入もあるのかもしれません。


初めて契約するSIMフリー回線であれば「mineo」は最適なのではないでしょうか。