【ドコモ新料金プラン2019】ギガホ/ギガライトの特徴&家族向け【短く分かりやすくまとめた】

どうもー奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


2019年4月15日NTTドコモは、これまでのプランよりも大幅に割安になるであろう新料金プランを発表しました。


値下げ幅は大半の利用者が「2~4割」の中に含まれるといわれ、事実上の大幅値下げが実行されるようです。


今回は2019年6月スタートのドコモ新料金プランのポイントについてわかりやすくまとめさせていただきます。



新料金プランの特徴



ドコモは新料金プランの特徴は「シンプルでおトクな料金プラン」「分かりやすい料金体系」「家族のおトクをさらに強化」の3つです。


特に今回は「分かりやすい料金体系」に大きく舵をきった形です。


今回の新料金プランではスマホは「ギガホ「ギガライト」の2プラン、携帯電話は「ケータイプラン」「キッズケータイプラン」の2プラン、またスマホ契約者用のタブレットの契約「データプラス」の5つのプランが発表されました。


次の章ではそれぞれのプランの特徴についてわかりやすくご紹介させていただきます。

プラン①30GB使い放題!ギガホ



こちらの「ギガホ」が今回のハイエンド(高価値)プランです。


●ギガホ(税抜き価格) 音声プランなしの価格

月額料金定期契約あり6,980円
月額料金定期契約なし8,480円
利用可能データ量 30GB
国内通話料家族間通話無料
家族以外への通話30秒あたり20円
SMS送信料SMS(国内)1回あたり3円~(受信 無料)
SMS送信料国際SMS1回あたり50円~(受信 無料)

※契約は2年定期契約です。
※上記のプランで音声オプションに入らなくても通話は可能です。家族以外への通話は30秒あたり20円が課金されます。
※スマホ本体の代金は別途かかります。


●音声オプション

かけ放題オプション1,700円国内通話無料
5分通話無料オプション700円国内通話
5分以内:無料5分超過分:30秒あたり20円

※こちらはオプションなので、必要がなければ加入する必要はありません。


上記のようにスマホで必要な全てがそろっているのが「ギガホ」プランです。

プラン②データは使った分だけ課金!ギガライト



「ギガライト」「ギガホ」と違い、データ量の支払いは使った分だけ後で課金されるプランです。


●データ量の課金の仕方(税抜価格)

その月の利用データ量定期契約あり定期契約なし
ステップ1 1GB以下2,980円4,480円
ステップ2 3GB以内3,980円5,480円
ステップ3 5GB以内4,980円6,480円
ステップ4 7GB以内5,980円7,480円

※契約は2年定期契約です。
※上記のプランで音声オプションに入らなくても通話は可能です。家族以外への通話は30秒あたり20円が課金されます。
※スマホ本体の代金は別途かかります。


こちらの場合、2GB使うと「ステップ2 3GB以内」が適用され、4GB使うと「ステップ3 5GB以内」が適用されます。


使ったデータ量の分だけが課金される仕組みです。


よってデータ量をほとんど使わない人は、2,980円の契約のお支払いで済みます。


●音声オプション

かけ放題オプション1,700円国内通話無料
5分通話無料オプション700円国内通話
5分以内:無料
5分超過分:30秒あたり20円

※こちらはオプションなので、必要がなければ加入する必要はありません。


ギガライトの特徴は、基本スマホを持っているが、あまり自分の方からアクティブに使わないご利用者様向けのプランです。

ギガホも「ガライト」SIMフリースマホ対策



新料金プランは、以前のプランに比べるとシンプルでご利用者様に一目でわかりやすいプランに変更されたといえます。


両プランを見てお気づきになったと思われますが、今回のプラン変更の特徴は「データ通信料金」「通話代」を分けています。


特にわかりやすいのが「ギガライト」のステップ1 1GB以下 2,980円の料金設定です。


こちらの金額は、完全に格安SIMフリースマホに対して真っ向勝負をしている料金設定です。


これから先、世界的にも最も広がるであろう市場を狙っていると思われます。


「ギガホ」の方は、動画やオンラインゲームヘビーユーザー向けのサービスです。


こちらはご利用者様数はそれほど多くはありませんが、ハイエンド系を引っ張ってくれるのでフラッグシップとして、今回の新料金プランの目玉としてエントリーさせたのではないでしょうか。

新料金プランでのドコモの狙いは個人ではなくファミリー



今回の新料金プランでドコモのもう一つ狙いは個人ではなく、ファミリーだというのがはっきりした点です。


実はドコモの契約者の7割が「ファミリー割引」の契約者なのです。


実際に今回の新料金プランでも「家族で3回線以上」を利用されている方を軸にした割引が、盛りだくさんに含まれています。


「ギガホ」「ギガライト」の両方の契約とも「家族で3回線以上」を利用すると、1,000円割引かれます。


また新料金プランの「パケットシェア」では、ファミリー割引の範囲を「ドコモが定める三親等まで」適用することが可能になりました。


つまり曾孫が契約すると曾祖父母まで適用、本人からみた甥や姪の配偶者まで適用と大幅に範囲が広がります。


家族の一人が「ギガホ」「ギガライト」を契約すれば、3親等までは1人最大1,980円で契約できるということです。


今回からは膨大な数の人たちが対象範囲に入ることになります。

\ドコモユーザーにおすすめ/

まとめ



今回は、ドコモ新料金プランのポイントについてご紹介させていただきました。


全体的な印象としては「わかりやすく」「SIMフリースマホユーザーを意識した」「家族向け」に重点をおいたサービス改変といえます。


今後、予想される「5Gサービス」や「楽天モバイル」の新規参入を見据えた早めの新料金設定を果たしたのではないでしょうか。