【Windows Sandboxアプリ】システムチェック&メリット【Windows 10アップデート】

どうもー奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


Windows 10の次期大型アップデート「Windows 10 May 2019 Update(バージョン 1903)」の配信予定が、2019年5月下旬頃とリリースされました。


そのアップデートの中でも目玉アプリと呼ばれているのが、怪しいアプリを仮想環境でチェックしてくれる「Windows Sandbox」です。


今回は「Windows Sandbox」についてわかりやすくご紹介させていただきます。



アプリのチェックは仮想マシンでする?



現在ネット上には、膨大な数の無料アプリが存在します。


説明を読むと、どのアプリもいかにもユーザーの問題を解決してくれそうな優良なアプリにみえます。


ところが実際にパソコンにインストールをすると不具合を起こしたり、最悪なケースになると凶悪なマルウェアを侵入させていることもあります。


結局、無料アプリはどんなに機能が良さそうにみえても、気軽にはインストールすることは中々できません。


やはり無料アプリをインストールするには、インストール前にアプリのチェックをする必要があります。


一般的なアプリのチェックには、仮想化技術「Hyper-V」がお役に立ちます。


Windows 10 Pro、Windows 10 Enterprise、Windows 10 Educationであれば、仮想化技術「Hyper-V」の利用が可能です。


「Hyper-V」をインストールすると、数ステップで仮想マシンの作成が可能になります。


アプリのチェックであれば、このように仮想マシンを用意することで、ホストOSに被害が及ぶことが避けられます。


仮想マシン内でアプリチェックをすれば確かに安全です。


ただはっきりいって、アプリチェックのたびに毎回仮想マシンを呼び込んで、環境設定までするのは実際手間がかかり厄介です。


一般的なビジネスマンであれば、いちいち仮想マシンの呼び込みをやってる暇などないでしょう。


できれば手間をかけずに、簡潔にサクサクとチェックをしたいところです。


そこで安全に簡単にアプリチェックをしてくれるのが、今回ご紹介するWindows Sandboxです。

Windows Sandboxについて



Windows Sandboxは大型アップデート「May 2019 Update」に装備された仮想マシン作成、実行機能のためのアプリです。


「Windows Sandbox」はアプリチェック終了後には使い捨てが可能です。


また、手軽で安全でチェック中もパソコン本体は動作も軽くサクサク動いてくれます。

スポンサーリンク

Windows Sandboxのメリット



こちらではWindows Sandboxを使うメリットについてご紹介させていただきます。

メリット①Windows Sandboxだけあれば他のチェックアプリは必要ない



「Windows Sandbox」がホストOSに搭載されると、その後一切の「仮想マシンツール」「OSのイメージファイル」「VHD(仮想ハードディスク)」をインストール、セットアップする必要がありません。


Windows Sandboxだけあれば、アプリチェックは全て可能です。

メリット②終了後には毎回初期化してくれる



Windows Sandboxを使うと、アプリのチェック終了後は毎回自動で初期化してくれます。


よって、いちいち再設定をする必要がありません。

メリット③データは全て破棄される



アプリチェック終了後にはインストールされたアプリ、アプリが行ったプログラムの改変、実行など仮想マシンで行われた全ての動作は全て破棄されます。


OSには全く何も残らない状態になります。

メリット④チェックがスピーディー



統合カーネルスケジューラー、スマートメモリ管理、仮想GPUがチェック中には機能してくれます。


仮想環境の中ではスピーディーにチェックが行われ、その間のホストOSの動作環境も軽いです。

メリット⑤ホストOSは常に安全



ハードウェアベースの仮想化技術を使っていることから、ホストOSには全く実害を被ることがありません。


あくまで、仮想環境の中だけ無料アプリのプログラム実行が行われているだけです。

スポンサーリンク

Windows Sandboxのシステム要件とは?



Windows Sandboxの使用には、次のシステム要件を満たす必要があります。

①「Windows 10 Pro」「Windows 10 Enterprise」の環境

②AMD64アーキテクチャー

③BIOSで仮想化支援機能が有効化

④メモリは8GBを推奨(最低4GB以上)

⑤ストレージはSSDを推奨(最低1GB以上のディスク空き容量)

⑥Hyper-Threadingで4コアを推奨(最低2つのCPUコアが必要)

※Windows 10 Homeでは利用できません。

まとめ



今回はWindows Sandboxについてご紹介させていただきました。


「Windows 10 Pro」「Windows 10 Enterprise」などで標準装備になった理由は、この2つのOSはビジネスの現場で使われていることが多いからです。


仮に無料アプリをインストールして不具合が起こったり、凶悪なマルウェアがローカルネットワークに侵入すると大変な被害を及ぼす恐れがあるからです。


これらのことから、特にビジネスの現場で無料アプリをインストールする時には確実にアプリチェックをされてからインストールすることをおすすめします。