SyncwireのiPhone充電ケーブルをオススメする3つの理由!

こんにちは、こんばんはー奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


iPhoneユーザーの悩みといえば、Apple製品にしか利用することのできないライトニングケーブルです。


ライトニングケーブルはiPhoneの充電ケーブルとして利用されるだけでなく、itunesを通して動画や音楽データの転送にも利用されます。


ライトニングケーブルを利用していて多くのユーザーが不満に思う点は、根元の部分がすぐに折れてしまうということです。


根元の部分の皮膜が剥がれるだけならまだしも、中の銅線部分まで露出してしまうと漏電の恐れがあり、非常に危険です。


そこでLightningケーブルが折れてしまった場合は買い替えを検討するわけですが、どこでライトニングケーブルを買うのが良いでしょうか。


Apple直販サイトから純正品を再度購入することもできますが、すぐに壊れてしまうことが分かっている製品を改めて買うのには抵抗があることでしょう。


また、iPhoneは非常に多くの人に利用されていることから、品質を選ばなければ100円ショップなどでも購入することができます。


ここでは、iPhoneのLightningケーブルとしてSyncwireのケーブルをお勧めしたいと思います。


いったい、どのような点がライトニングケーブルに比べて優れているのでしょうか。



Syncwire iPhone充電ケーブルをおすすめする理由①高い耐久性



Apple純正のLightningケーブルから他社のライトニングケーブルへの乗り換えを検討する場合、最も重視すべき項目は高い耐久性です。


そもそも、Apple純正のLightningケーブルが簡単に折れ曲がってしまったりすることから買い替えを検討するわけですから、新しく購入するケーブルには高い耐久性が求められます。


その点、Syncwire iPhone充電ケーブルは90度の折り曲げ、および15kgの耐荷重テストを12,000回実施したにもかかわらず、新品と同様の性能を発揮し続けたというメーカーのテスト結果があります。


いわばお墨付き商品というわけです。


iPhoneは他のスマートフォンに比べて充電の持ちが悪い端末の一つです。


したがって、iPhoneの充電は毎日の日課である人が多いかと思いますが、毎日使う製品である簡単に壊れず長く使えるということが、快適な生活を実現する上で重要な項目になってきます。


Syncwire iPhone充電ケーブルは高い耐久性を発揮するので、ずっと続けられること間違いなしです。

Syncwire iPhone充電ケーブルをおすすめする理由②安心のMFi認証



iPhoneのライトニングケーブルは100円ショップなどでも購入することができます。


しかし、100円ショップで購入できるライトニングケーブルとSyncwire iPhone充電ケーブルの違いは、MFi認証の有無です。
※MFi認証とはMade For iPhoneの頭文字を取った言葉です。


MFi認証は、AppleがiPhoneの充電ケーブルとして認めた商品にしか与えられません。


MFi認証がでは確実に充電を話すことができるだけでなく、データ通信も純正品と同じように利用することができます。


100円ショップなどで購入した、安いライトニングケーブルでは充電はおろか、データ通信すらままならないことがざらにあります。


せっかくiPhoneの充電ケーブルを購入するのですから、安心のMFi認証製品を選びたいものですね。

Syncwire iPhone充電ケーブルをおすすめする理由③急速充電にも対応



Syncwire iPhone充電ケーブルは、Apple純正のLightningテーブルと同様に急速充電にも対応しています。


iPhoneはバッテリー残量が少なくなった時に充電ケーブルを挿入された場合、バッテリー残量がある値になるまで急速充電をする機能を備えています。


このため、電池が少ない時に充電ケーブルをさしても短い時間で、十分な時間使える程度にまでバッテリー残量が回復していることがあります。


しかし、このようなことができるのは急速充電に対応したケーブルを充電に利用した場合のみです。


Syncwire iPhone充電ケーブルは、急速充電にも対応していることから、iPhoneの急速充電機能を余すことなく利用することができます。

まとめ



いかがでしたでしょうか。


毎日、充電するiPhoneのケーブル一つとっても、様々な機能が盛り込まれているのがApple製品の魅力の一つです。


iPhoneを使いこなすためにも、充電ケーブルにもこだわりたいものですね。