目に負担をかけないPCモニターの選び方!入力端子の種類にも注意!

こんにちは、こんばんはー奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


パソコンを利用した資料作成やブログの更新などを行う際に、必ず目にしているのがモニターです。


モニターはパソコンに入力したものをただ表示するだけのシンプルなガジェットですが、大きさや配置などによってパソコンでの作業環境を大きく左右するほど重要です。


とりわけ、モニターを見る時間が長ければ長いほど、少しの作業負荷でも低減したいものです。


ここでは「モニター選びで快適なPCライフを!」と題して、自分に合った最適なモニター選びのポイントについてご紹介します。



画面の映り込みが気になるなら光沢なしのノングレアを選ぼう



モニターが利用者に与える作業負荷として最も端的なものは、画面の光沢具合です。


モニターには大きく分けて、グレアノングレアの2種類が存在します。


グレアのモニターは、何も入力していない状態の真っ黒な画面であっても光沢が存在します。


従って、画面の暗転などで自分の顔が映り込むなどの現象が発生します。


作業中にこういった映り込みというのは目に負担をかけますし、何よりも見る必要のないものまで見せられているというのは非常に不愉快です。


しかし一方で、グレアのモニターは光沢があるために、うつしだす画面の情報にコントラストがはっきりしていて、見ていて美しいです。


少しでも高精細の画面を見ていたいという人は、グレアのモニターを選ぶと良いでしょう。


ノングレアのモニターは、光沢がないように加工がされています。


そのため、クレアのモニターに比べて画面自体のコントラストは低くなってしまうため、鑑賞向きの映像ではなくなります。


しかしながら、画面暗転時などに顔が映り込むなどの現象が発生しないため、目に対する負荷を小さくすることができます。


モニターを選ぶ際にはどのような使用用途か検討する必要がありますが、動画や画像の編集などのクリエイティブな作業を必要とする時にはグレアのモニターを、表計算や文書作成などの事務的な作業をメインでこなす場合には、ノングレアのモニターを選ぶと最適なモニター選びに一歩近づくことができます。

モニターの入力端子には注意が必要



いざモニターを購入してパソコン本体から繋ごうと思った時に、入力端子が用意しているものがなく接続できなかったという経験はおありではないでしょうか。


会社の設備などで、古いパソコンに対して新しいモニターを用意しようという時には、古いパソコンでは出力端子が限られていたりするので注意が必要です。


古い端子では、DVI端子などが挙げられます。


この端子は光景の端子としてDisplayPortが普及していることもあり、パソコン本体の小型化も相まってすでに新しく製造されない流れができつつあります。


表計算や文書作成などの事務作業をするパソコンに多く搭載されているのがD-Sub端子です。


一昔前までは、この端子に対応したモニターも数多く発売されていましたが、高精細な動画などを写すのに転送速度をあげられないとして美しい映像を謳うモニターを中心に採用されなくなってきています。


最も一般的なのが、HDMI端子で動画も遅延なく映し出すことができます。


Apple製品を利用しておりそのためのモニターが必要であれば、Thunderboltの端子を持っているモニターを購入する必要があるでしょう。


このように購入した後モニターはどのパソコンと接続する予定なのか、どのような端子を持ったケーブルを別途購入すれば希望するモニターを利用することができるのか、検討してから購入する必要があります。

まとめ



いかがでしたでしょうか。


快適なパソコンライフを実現するためにもモニター選びはこだわり抜きたいポイントの一つです。


購入したモニターをどのような用途で利用するのかを検討し、レイアウトなどの置き場所の制約条件なども踏まえた上で、自分にとって最も良いモニターを選んでみてください。