モニターアームの選び方のポイント!クランプ式でおすすめのアームやメリットは?

どうもー、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


デスクトップ型パソコンを利用した作業の効率を向上させるために、モニターを調節して利用する人が増えています。


標準のモニタースタンド1枚のモニターで作業をしていると、1つの作業プログラムで画面を占有してしまい、調べ物や常に流しておきたい動画などがプログラムの後ろに回ってしまいます。


切り替えたいと思った時に切り替えると、ひと手間が発生してしまい作業効率を低下させています。


例えばデュアルディスプレイでモニターを2枚並べれば、1枚は作業プログラムように利用することができ、もう1枚は調べもののために画面を開くことができます。


このようなデュアルディスプレイなどの、複数枚のディスプレイを利用したPC環境を構築するのに役に立つのが、モニターアームです。


モニターアームは文字通りモニターを机の上複数枚設置できるものが一般的で、作業机の上の省スペース化も実現することができます。


ここではモニターアームのデュアルディスプレイ環境を構築する上で、どのような点に注意してモニターアームを選べば良いか考えてみます。



モニターアームを導入するメリット



それではモニターアームを投入することによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。

1.デュアルディスプレイによる作業効率の向上



モニターアームを導入する最大のメリットは、複数前のモニターを投入することによってPCでの作業効率を著しく向上させることができる点にあります。


モニターそれ自体の大きさはそれほど大きくなくても、2枚あることで視界異動による作業プログラムの切り替えをすることができ、プログラムを切り替える必要性がなくなると同時に、視線を移すだけで使用するプログラムを変えることができるという点で、人間工学的に効率が向上することと言われています。


ディスプレイによる作業効率の向上は、普段パソコンを利用して作業することが多い人にとって魅力的なメリットであると言えます。

2.モニターの位置を自由に移動することができる



モニターアームは、モニターの位置を自由に変更させることができます。


モニター自体の高さを上下させることができたり、モニターの角度を自分にとって最も見やすい角度に調整することができたりします。


またモニターアームによっては、2枚のモニターを縦並びにするか横並びにするかも自分で調節することができるものもあります。


標準のモニタースタンドではなかなか実現できない、モニターの位置の自由な調整もモニターアームを導入するメリットです。

スポンサーリンク

モニターアームを選ぶ時のポイント



では、どのような点に着目してモニターアームを選んだらよいでしょうか。

1.VESA規格に対応しているか確かめる



ディスプレイをモニターアームなどに接続する世界標準規格として、VESA規格というものが定められています。


VESA規格では、ディスプレイをモニターアームにマウントする際の部品形状や穴位置などを統一的に定めています。


一般的な製品であれば、ほとんどのディスプレイはVESA規格に対応しています。


従ってモニターアームを購入する際には、VESA規格に対応しているかどうかを確認してから購入しましょう。

2.モニターアームをどのように机に固定するかを考える



モニターアームには、商品によって異なる固定方式を用意しています。


最も一般的なのが、クランプ固定式と呼ばれる固定方法です。


机などにネジ穴を開ける必要がなく、クランプを締め上げるネジさえきちんと閉めることができれば確実に固定することができます。


強度の面では、ネジ固定式を採用しているモニターアームを選ぶと良いでしょう。


設置場所の机に穴を開けて、その中にネジを通して締め上げることで確実な安定強度を得ることができます。


机に穴を開ける必要があるので、設置する時には多少の手間がかかりますか、多少程度の地震などでは決してモニターが倒れることはありません。

僕のオススメしたいモニターアーム!



今回はクランプ式のおすすめモニターアームを厳選してみました。

グリーンハウス ガススプリング式 GH-AMCA02


●前後左右だけでなく画面の上下移動にも対応した4軸水平垂直タイプ

「細かい文字や数字を操作するから、画面を近づけて見たい、でも、動画の鑑賞などは画面を離してゆったり見たい。そんなユーザーには画面の前後移動が可能な4軸水平垂直タイプがオススメ!」


グリーンハウス クランプ式GH-AMCG01


●画面の前後移動ができる5軸タイプ

「画面を前後移動することで、その都度作業に適した位置に画面を動かし、快適な環境を作ることが出来る」


●広い範囲で画面調整が可能な約460mmのロングアーム


●ディスプレイの取り付けが簡単なセパレート式


グリーンハウス クランプ式GH-AMCF01


●最大30インチの大画面ディスプレイに対応した液晶ディスプレイ用アーム


●画面の前後移動ができる4軸タイプ


●デスク上のスペースを有効活用。しっかり固定するから転倒に強い


まとめ!



いかがでしたでしょうか。


デュアルディスプレイは、投資会社のファンドマネージャーの机などでよく見られる専門的なものと思われがちですが、モニターの価格の低下や様々なモニターアームが売れていることから一般家庭にも普及が進んでいます。


もし2枚以上のモニターを利用することがあるのであれば、是非モニターも導入してみてください。