FireHDタブレットをレビュー!映画や電子書籍など活用術&使用例を紹介!

どうもー、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


いまや生活に欠かせなくなった通販サイト「amazon」から販売されている「FireHD」シリーズ。


昨年の年末にセールがあったこともあり、今回新たに購入したという方は多いのではないでしょうか。


そんな値段よし、性能よしのFireHDタブレット。


しかし、案外購入したのはいいものの、いまいち使い道がわからないという方が多いのではないかと思います。


ですが、せっかく購入したタブレット。存分に使い倒してあげなければもったいないですよね。


というわけで、今回はFireHDタブレットの活用術&使用例を皆さまにお話しさせていただければと筆をとらせていただきます。


この記事を読んで、少しでもタブレットをさらに活用させていただけたら幸いです!



アマゾンプライム会員には絶対に入会すべき



さっそく追加料金を求めてしまい申し訳ないのですが、Amazonの有料サービスである「Amazonプライム会員」には絶対に入会しましょう。


価格は月額400円というお求めやすい料金。理由は後ほど。

Amazonプライムビデオで映画が見放題!






最近流行りのビデオオンデマンドサービス。Hulu、ネットフリックス。


次々と新規サービスが現れ、Amazonもその例にもれず自社の取り扱う映像が見放題となるサービスを提供しています。


その名もAmazonプライムビデオ。これが、凄いんです。


例えばHuluの場合、基本的に月額会員費は933円


皆さまはこの値段を安いと思うでしょうか。高いと思うでしょうか。


抱く感想は人それぞれでしょうが、Amazonプライムビデオの場合だと月額いくらほどで利用できるのでしょうか?


それがなんと、無料なのです。


正確に言えば、Amazonの「お急ぎ便」「会員限定セール」に参加できるAmazonプライム会員に入会すると、副次的にAmazonプライムビデオも使用することができるのです。


月額400円でお急ぎ便やセールに参加できるのに加えて映画も見れるとなれば、入会しない手はありませんよね。

ダウンロードでオフラインでも映画を鑑賞



新幹線、電車での移動途中、何をすればいいか分からず時間を無為に過ごしてしまうことは多いですよね。


かといって、FireHDはフリーwifiなどを見つけなければいけないし「一歩外に出れば使い物にならないじゃないか?」とお思いになるかもしれません。


しかし、ご安心ください。


プライムビデオは自宅からダウンロードして、外のオフライン環境でも映像を楽しむことができるのです。


これで憂鬱な長旅も楽しく過ごせますね。

スポンサーリンク



Kindle端末いらず?電子書籍でラクラク読書



Amazonが販売するタブレットの一つに「Kindleタブレットシリーズ」があります。


これは電子書籍を読むことに性能の比重を傾けた製品となっておりまして、軽いのはもちろん電池持ちなどもよく、来るべきクラウド社会を予期する読書家にとっては垂涎(すいえん)のアイテムとなっております。


が、しかし!実はこの特徴、FireHDシリーズにも当てはまるのです。


よく勘違いされるのが「Kindle」端末でなければ、Kinleの電子書籍は読めないというものがありますが、そんなことはありません。


電池の減りも遜色ありませんし、とっても軽く持ち運びにも便利です。


Kindke端末の代わりとして、FireHDを利用するのも一興でしょう。


また、ダウンロード形式ですのでもちろん外でも読書することができます。

迫力のDolbyオーディオ・ステレオスピーカー!遊びだけではなくビジネスにも!



映画、読書ときたら次にくる題材は大方、予想がつくと思います。


それすなわち、音楽鑑賞です。


そして、FireHDはそういったニーズにもしっかり答えてくれます。


残念ながらFireHD7はこれに当てはまらないのですが、FireHD8,10にはDolbyオーディオというステレオスピーカー搭載しており、とても迫力のある音を鳴らしてくれます。


映画を鑑賞する際にも、音質がよければ臨場感は段違いですね。


以前、別記事でも紹介しましたが、FireHDにBluetooth接続のキーボードを取り付ければ、タブレットから打って変わって小型PCのように扱え快適なタイピングを体感することができます。


しかも、FireHDのアプリストアにはWord、Excel、PowerPointといった基本的なOffice系ソフトがそろっており、外部クラウドサービスからのインポートにも対応しています。


ゴテゴテと思いノートパソコンを持ち運ぶより、実にスマートに仕事をこなすことができますね。


【FireHDシリーズ性能など比較】

Fire 7Fire HD 8(Newモデル)Fire HD 10
ディスプレイサイズ7インチ8インチ HD10.1インチ HD
解像度1024 x 600 (171 ppi)1280 x 800 (189ppi)1920 x 1200 (224ppi)
オーディオモノラルスピーカー
マイク
Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
ストレージ8/16GB16/32GB32/64GB
カメラフロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
2メガピクセルフロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
バッテリー8時間10時間10時間
サイズ192 x 115 x 9.6mm214 x 128 x 9.7mm262 x 159 x 9.8mm
重量295g369g500g
microSDカードスロットあり
256GBまで対応
あり
400GBまで対応
あり
256GBまで対応

 

まとめ!FireHDはコスパ最強のタブレット



さて、皆さまにもFireHDタブレットの利便性がこの記事を通してうまく伝わったのではないでしょうか。


是非、このタブレットを活用してスマートな生活を楽しんでください!