どうもー、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)でございます!


インターネットが普及した現代において、いつでもどこでもインターネット動画や音楽を楽しめる環境に身を置きたいという人が増えています。


AmazonプライムビデオやNetflixなどの動画配信サービスや、SportifyやGoogle Play Musicなどの音楽のストリーミングサービスなどがよく利用されています。


旅行などで大人数が一斉に移動する車の中では、思い思いのサービスを利用して楽しまれるという光景が日常化しています。


そんな中で、ホストがゲストに対してできるサービスといえば、どのようなものがあるでしょうか。


乗り心地の良い運転をするのは当然のことですが、車内Wi-Fiを提供するというのはいかがでしょうか。


車内Wi-Fiを提供することができれば、ゲストは思い思いのインターネット接続により快適な移動時間を実現することができます。


おまけに、高速通信容量を消費しなくて済むのでゲストから喜ばれます。


海外の高級自動車では、車内Wi-Fiはオプションとして取り付けることができるほど普及が進んでいます。


ここでは、日本でもできる車内Wi-Fiについてご紹介します。



車内Wi-Fiとは?メリットも!



車内Wi-Fiとは、文字通り自動車の内部に設置された無線LANスポットです。


ご家庭のWi-Fiルーターと同様無線LANを飛ばすことによって、受信した通信機器がインターネット接続できるようにするものです。


元々は海外の高級自動車で、車に乗り込んでくるゲストに対してのサービスとして設置されるようになったのが始まりです。


現代では、一人一台以上をスマートフォンやタブレットなどを所持していることから、移動時間中の車内エンターテイメントはインターネット接続さえあれば自ら用立てることができます。


車内Wi-Fiを利用すればゲストは高速通信容量を消費する必要がなく、またインターネット接続による通信機器自体の充電の減りも抑えることができます。


このように車内Wi-Fiを導入することによって、ゲストにとっては様々なメリットがあるため近頃、普及が進んでいます。


車内Wi-Fiは、何もゲスト乗せる車にだけでなくても活用することができます。


例えば、長距離移動でぐずりやすい子供達をあやすのに、最近のお母さん達はタブレットを利用して動画を見せています。


タブレット自体は、シムが挿入できないWi-Fiバージョンで済ませることができるので安く済ませることができます。


また、営業などで車を利用した外回りをされる方にとっても、車内Wi-Fiは有用なツールと言えます。


車の中にいながらにして、車内Wi-Fiによるインターネット接続をすることによって、自社のネットワーク内に接続し資料を取り出したり編集したりすることもできます。


いちいち帰社する必要もなく、フリーWi-Fiが利用できるカフェなどの場所を探す手間を省くことができます。


このように、車内Wi-Fiには様々なメリットがあり、用途の拡大が続いています。

スポンサーリンク

おすすめの車内Wi-Fiのサービス



車内Wi-Fiを実現するためには、どのようにすればいいでしょうか。


Ymobileから、車内Wi-Fi専用の「CarWi-Fi404HW」が発売されています。

これは、シガーソケットに挿すタイプの車内Wi-Fiなので車内に余計な場所を取りません。


シガーソケットに挿入するので、電源はそこからとるのでコンセントなども必要ありません。


そして、この車内Wi-FiにはワイモバイルのSIMをさすことができます。


Ymobileでは、約5000円のデータ通信無制限プランを契約することができます。


大人数での利用が多い場合や、車内Wi-Fiを利用するタイミングが多い人にはお勧めです。

まとめ



いかがでしたでしょうか。


車の中に乗り込んだらギガ消費がないというのもちょっと先ゆく未来感を味わえます。


退屈な車内での移動時間を快適で有意義なものに変えることができます。


それも一人だけでなく乗っている人全員がそうすることができます。


車内Wi-Fiで快適な移動時間をお楽しみください。