CANONのEOS Kiss Mは女性にオススメの高性能カメラ!価格や口コミは?

どうもー、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


最近は、スマホのカメラが高性能になりましたよね。


またインスタなど画像投稿SNSが人気があり、スマホ以外のカメラでの撮影も増えています。


特に最近は、カメラ好きの若い女性の間では「ミラーレスカメラ」ブームが起こっています。


そんな中でこれまで「ミラーレスカメラ」には、それほど重点をおいていなかったCANONが、2018年3月23日に「ミラーレスカメラEOS Kiss M」を発売しました。


実は「ミラーレスカメラ市場」は、2017年までオリンパスが常に首位を独占していました。


ところが、わずか1年足らずでCANONは「ミラーレスカメラ市場」で1位2位のワンツーフィニッシュを遂げます。


また市場占有率でも、1位の「EOS Kiss M」は16.6%、4位に後退したオリンパスの「PEN E-PL8」は6.3%と、約10%近くも引き離す結果になりました。


では「EOS Kiss M」とは、一体どんなカメラなのでしょうか?


2018年のミラーレス市場は「EOS Kiss M」が圧勝しましたが、なにが勝因だったのかという点などについて調べてみました。



Canon(キヤノン)とはどんな会社なのか?



カメラを扱ったことがない人でも「CANON」という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?


「CANON」は、1937年(昭和12年)創業のOA機器の総合メーカーです。


非常に優秀な会社で、1949年の株式上場から今日まで、年間での赤字決済は一度も無いという凄い会社なんです。


特に海外での売上に力を入れており、海外が79.2%、国内が20.8%となっており、約80%近くは海外での売上です。


また海外での特許出願にも力を入れており、2014年末での特許実用新案の保有件数は、世界全体で約9万2,000件を突破しており、アメリカでの日本企業では11年連続で第1位です。

ミラーレスカメラについてご紹介!



最近よく、ミラーレスカメラという言葉を聞かれたことがあると思いますが、ミラーレスカメラとは一体どんなカメラなのかご存知でしょうか?


ミラーレスカメラとは、文字通り「鏡がない(ミラーレス)」カメラということです。


一眼レフカメラから「鏡を抜いた分」、小さくコンパクトにすることができています。


一番の狙いは、鏡を抜いてコンパクトでシンプルにしたことにより、より値段も安く、アマチュアカメラマンにも扱いやすいカメラになったということです。


逆にいうと一眼レフカメラは、大きく値段が高くなるほど扱いにくくよりプロ向きになるということです。

スポンサーリンク



EOS Kiss Mの1番の勝因は若い女性が欲しがるカメラだったから!サイズや価格は?



カメラやガジェットを販売する時に、大失敗の原因が玄人目線です。


売る方がこれ以上はないという高性能を掲げ、高価格帯で売り出しますが、ほとんどの場合大惨敗になります。


ところで「EOS Kiss M」ですが、全てにおいて、若い女性好みに出来上がっています。


まず大きさですが、116.3㎜×88.1㎜×58.7㎜、重さが約390gで女性の手の平サイズで小さくてかわいいんです。


見た目もちょこんとした、かわいい見た目で、高級カメラみたいな威圧感が全く感じません。


お値段もレンズ付きで、7万円台で買えます。


若い女性でも、ボーナスで買えるほどのお値段なんです。

EOS Kiss Mは高性能なのに使いやすい!口コミは?



スマホやでデジカメを使った撮影から、一眼カメラに目覚める若い女性の方が増えましたよね。


ただ本格的に撮影をしようとすると、やっぱりテクニックが必要ですよね。


ところが「EOS Kiss M」は難しいことが分からなくても、カメラの機能が高性能なので、若い女性の撮影を支えてくれます。


特に最新映像エンジン「DIGIC8」を搭載したことで

●4K動画の撮影


●圧倒的なオートフォーカス機能


●最高10コマ/秒の高速連写も可能



など、最新中の最新機能が搭載されています。


他のミラーレスカメラとはレベルが全然違うのです。

【口コミ】

●「サブカメラとしてEOSkissMの標準キットBKを買いました。
(良い点)
①小型軽量で、いつでも持ち出せる携帯性は、高齢者にも負担が少く良いです。

②ベーシックモデルとしては、そんなにチープ感が無くBK色のせいか良い印象です。

③APS-Çサイズの撮像センサー使用の為に、マイクロフォーサーズ機に比べると若干ノイズ耐性に強そうです。発色は若干派手めかも?

④8ヶ所のボタン等にカスタマイズが出来て、自分好みの設定を割り当てる事が出来便利です。
特に録画ボタンもカスタマイズ出来るのは、動画を撮らない私には嬉しい誤算でした。

⑤小さいボディながら、意外とグリップし易いのも評価出来ます。

⑥AFが従来より早く、測距点も大幅に増えたのは、タッチ使用時には大きなメリットです。

(改善して欲しい点)
①電子シャッターはSCNモードのサイレントのみに使用出来ますが、他社の様に他の撮影モードでも使える様にしてもらいたい。

②シャッター音が大きく、リリースショックも少し大きいので、機械シャッターの静音化とショックを軽減して欲しい。リリース音とショックについては、M6から変わっていません。

③視度調整の幅を広くして欲しいのと、軍艦部左の空きスペースに露出補正ダイヤルを付けて貰いたいです。

以上、総合的には、他社のミラーレス機に追いつき、超えた部分あり、ミラーレス機で比較的安価に買いたい人にはお勧め出来るかと思います。

(追加補足点)
1ヶ月使用して、他社のミラーレス機と比較して、2つ程追いついていない点があったので追加します。

①シャッターレスポンスが悪く、撮影後に一瞬ファインダー及びモニターがブラックアウトして、若干のストレスがある事です。

②低照度でAFエリアを小さくすると、合焦出来ない事が多いです。LUMIXとは測距輝度範囲が狭い様で、暗所では使い難く感じます。

キヤノンはミラーレス参入が遅かった事もありますが、早いところ他社に追いついて欲しいです。

以上の指摘箇所はM5以前からも言われて来たにも拘わらず、改善されてないのは残念です。

初心者向きだから、こんなもんで良い見たいな考えがある様な感じがします。
初心者向きだからこそ、快適なシャッターレスポンス、暗所での合焦し易さ、シャッターショックの無さが必要だと思います。」

まとめ



今回は、CANONの「EOS Kiss M」についてご紹介させていただきました。


「EOS Kiss M」は恐らく、若い女性をターゲットにしていると思いますが、カメラに詳しい男性でも欲しくなる機能が満載です。


「EOS Kiss M」は当然スマホと連携しているので、スマホ用アプリ「Camera Connect」をインストールすると、画像や動画を撮ったその場でバンバン、スマホに転送できます。


最近YouTube動画が流行っているので、いち早く最新の動画をアップすることもできます。


ユーチューバーを目指している人には、絶対に欲しくなるカメラなんですよ。


是非、あなたも「EOS Kiss M」を一度お使いになってみられませんか。