【高齢者必見】レーダー探知機を車に装備して安全運転を心がけよう!

どうもー、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)でございます!


新しい車を購入するのは、誰にとっても心躍るものでしょう。


自分で好きなところへ好きな時に行くことができる。


まさに、自由であることを象徴しているようです。


新車に乗り込み、新しい道をカーナビにセットしドライブ開始。


すると、心も弾んでしまい、新しい道なので知らなかったりすると、うっかりしてオービスを光らせてしまうということも往々にあります。


せっかくの新車なのですから、オービスや取り締まりなどを気にせず快適にドライブをしたいものです。


そこでオススメしたいのが、レーダー探知機を新車に搭載するというものです。


今回は車大好きな奄野郎が、車に搭載して欲しいレーダー探知機についてご説明したいと思います。



レーダー探知機とは



レーダー探知機【正式名称:自動速度違反取締装置】のオービスに車が近づくと、前もって音と表示でドライバーに知らせてくれる車内ガジェットです。


オービスの設置個所や白バイ取り締まり、警察の無線なども傍受して、速度違反の取り締まりを回避できるようにドライバーに情報を伝達してくれます。


最近の機種では、これらの速度違反を回避する情報をドライバーに提供するだけでなく、車のコンピュータ部品であるECUとOBD端子で接続して、車の様々な情報を確認することができます。


例えば、エンジンの回転数や温度、燃費や消費燃料量などのエンジンにまつわる情報や、運転時間や車体にかかるG(ジー)、車の向かっている方角などを逐次画面に表示してくれます。


どのような運転をしたときに燃費がよくなるのか、どのようにブレーキをかければ同乗者をびっくりさせないふんわりとした停車ができるのか、など車に関連する情報を得ることで運転の上達に役立てることができます。


このようにレーダー探知機は、もともと速度違反を未然に防ぐためのガジェットでしたが、近年はやりのインフォテインメントにまでその存在意義を拡大してきています。

スポンサーリンク



レーダー探知機の選び方は?



それでは、どのようにレーダー探知機を選んだら良いのでしょうか。


レーダー探知機を選ぶ上で、以下の項目を確認してみましょう。

①レーダー探知機内に地図をW-Fiで自動更新できるか



レーダー探知機もカーナビのようなものです。


レーダー探知機に内蔵しているデータと走行地点から、近くにオービスや重点警戒ポイントがないか探し出しています。


したがって、レーダー探知機に内蔵されている地図も、使用年数が経つにつれて更新をかけていく必要があります。


廉価版の機種であると、レーダー探知機の中にSDカードをもっており、PCを通じてインターネットで新しい地図をダウンロードする必要があります。


しかしながら、これは手間がかかります。


数か月や数年に1度更新をかけなければならず、更新をした後にも新しくオービスが設置された箇所には対応できないなどの不便な点があります。


これを解消するのが、Wi-Fiでの地図の自動更新機能です。


これにより、面倒な作業をせずとも最新の地図がインストールされたレーダー探知機を使用することができます。


この機能は、レーダー探知機を選ぶうえで欠かすことができないものになっています。

②移動するタイプの小型オービスの電波傍受機能



最近は、住宅街など比較的細い道で移動する小型のオービスでの取り締まりが増え、速度違反のドライバーたちを検挙しています。


地図に内蔵されておらず、ある日通った時にはオービスにつかまってしまうというケースも多々あります。


このような事態を防ぐためにも、小型オービスの発する電波を傍受しドライバーに伝達する機能を有している機種を選ぶのがよいでしょう。

奄野郎オススメのレーザー探知機を3つピックアップ!



amazonランキング上位の奄野郎が推薦するレーザー探知機をご紹介したいと思います。


【ユピテルの最上位フルマップレーダー探知機】



ここがオススメ!

●小型オービス、レーダー波受信対応!
「本機は小型オービスのレーダー波受信に対応! これによりGPSデータがない、新たに設置された小型オービスにも対応」


●受信可能衛星数が従来比約1.2倍!『業界初』ガリレオ衛星受信で安定測位!
「今後打ち上げられる「ガリレオ」「みちびき」にも受信対応が可能」


●リアルタイム警報! 取締中の路線を点滅させて警報
「公開取締情報・速度取締り指針で取締路線が公開されている場所で、その路線を点滅表示させて警報」




【コムテックのレーダー探知機+OBDII接続アダプターセット】



ここがオススメ!

●小型オービスダブル対応
「固定式小型オービスの新取締周波数帯を受信可能!GPSデータによる警報に加え、レーダー波を受信して警報することも可能」


●小型オービス3タイプ識別対応
「★固定式小型オービス…支柱を地中に埋め込むタイプの小型オービス
★半可搬式小型オービス…車両で運搬できるタイプの小型オービス
★可搬式小型オービス…人が持ち運びできるサイズで三脚に設置されるタイプの小型オービス」


●超速CPUを搭載し警告精度アップ
「従来よりGPS測位更新速度250%UPを実現!警告誤差を大幅に減らし、より精度の高い警告が可能。またスピードメーターなどの表示速度の超速化も実現」




【セルスターのレーダー探知機VA-910E 】

ここがオススメ!

●ガリレオ衛星対応! 6種類70基の衛星から受信できる!
「GPS31基、グロナス24基、ガリレオ11基、みちびき1基、SBAS(GAGAN1基、ひまわり2基)と受信衛星が多いので自車位置がズレにくく、正確な警告動作が可能」


●高精度GPSデータを収録
「56種類104,000件以上、取締・検問データ47,500件以上を収録」


●超速+超高感度GPSで測位が速い!
「GPS測位を約10秒*で行う超速(ハイスピード)GPSを採用。ドライブスタート時のリスクを大幅に軽減」



まとめ



いかがでしたでしょうか。


もともと速度違反で取り締まられるのを回避する目的でつけられていたレーダー探知機ですが、そもそも大きな速度を出さないように心掛け、安全運転を励行するようにしましょう。


あくまで、レーダー探知機は知らない道を通るときの保険ということにしておきたいものですね。