どうもー、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


現在、Amazonプライムビデオ、NetflixやHuluなどに代表されるネット動画配信サービスが隆盛を極めています。


これらの有料動画サービスに加えてYouTubeやGyaoなどといった、無料で動画を配信するサービスも人気を博しています。


これまで、このような動画配信サービスは、スマートフォンなので見るのが主流でしたが、自らインターネットに接続することができるスマートテレビの普及と、高画質高音質の映像を配信することができるインターネットインフラが整備されたおかげで、自宅で大画面のテレビで動画配信サービスを試聴して楽しむという生活スタイルが新たな広まりを見せています。


テレビで動画サービスを見る上で重要なのが、音の視聴環境を整えることです。


画面は大きく高精細の映像を楽しむことはできるのに対して、音はテレビにもともと備わっている音楽環境で見ることが多いかと思います。


しかしながら、これは非常にもったいないということが言えます。


せっかく、4K放送などで高精細の映像美を楽しむのであれば、同じように音質をこだわりたいものです。


とはいえ、5.1chサラウンドのスピーカーを揃えるには初期コストがかかるし、アパートの狭い環境では置き場所にも困ります。


そこで、オススメしたいのがテレビ視聴向けのワイヤレスヘッドフォン「RP-WF7」になります。



ワイヤレスヘッドフォンを使用するメリット



まずは改めて、ワイヤレスヘッドホンのメリットから紹介します。


ワイヤレスヘッドホンのメリット!

1.スペースをとらない


2.ヘッドフォンをしながら別の作業もできる


3.ヘッドフォンを増設してみんなで楽しめる




ワイヤレスのヘッドフォンなので、5.1chサラウンドのスピーカーと違って設置場所を取ることがありません。


ヘッドフォンには邪魔なコードがありませんので、飲み物を取ってきた良い歯磨きをするなどといった日常生活を阻害することもありません。


当然、ワイヤレスヘッドフォンは増設が可能です。


家族や友人などと動画視聴をしたい場合には、ワイヤレスヘッドフォンを増設しましょう。


複数の人で同じ感動を分かち合えるのはテレビの利点でしたが、ヘッドフォンを増設することでクリアな音質環境を手軽に分かち合うことができるのも革新的だと言えるでしょう。


テレビ視聴向けのワイヤレスヘッドフォンを使う上での最大のメリットは、手軽に臨場感のある”音の”視聴環境を整えることができて、大画面・高精細のテレビ画面と相まって高い没入感を得ることができることです。


YouTube などでも放送されている4K動画などでは、耳から聞こえてくるクリアな音質もより視聴体験を楽しいものにしてくれるはずです。


おすすめのワイヤレスヘッドフォン「RP-WF7」を紹介!



テレビ視聴者向けのワイヤレスヘッドフォンは、様々なタイプのものが発売されています。


その中でもオススメしたいのが、パナソニックのデジタルワイヤレスサラウンドヘッドホン「RP-WF7」です。


こちらは7.1chサラウンドの対応しているため、映画鑑賞なのでは音が聞こえてくる方向がその音の出所によって違ってくるため、高い臨場感を楽しむことができます。


2.4GHzのデジタル無線通信により、テレビから離れても高音質を楽しむことができます。


個人的には、セットアップが非常に簡単であるのも魅力的でした。


5.1chサラウンドスピーカーの設置を検討するためには置き場所もそうですが、音の反響方向なども検討に入れてあげる必要がありますが、こちらのワイヤレスヘッドフォンでは音の出力端子をヘッドフォンの送信機に直接繋いであげれば良いからです。


ワイヤレスヘッドフォンと送信機とは、簡単にペアリングが取ることができるので10分もかからずにセットアップすることができました。


皆さんも、ワイヤレスヘッドフォンを利用して快適な動画視聴環境を作ってみてください。