はい、どうもー奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


皆さんは、アップル社のiPhoneは使ってらっしゃいますか?奄野郎はスマートフォンが登場してから、ずっとiPhoneを愛用している愛好家であります。


2018年9月にアップル社はiPhoneXS、XSMaxをそれぞれ発売しました。


今回のiPhoneXSシリーズの2機種の売れ行きは、iPhone8と同程度と予想されています。


iPhoneの売り上げ台数は減ってきておりますが、1台当たりの本体代金が高騰しているので売り上が自体は伸びている格好となっています。


またiPhoneといえば、グーグルのアンドロイドと違い、先進的なアプリを開発しているスマホです。


そのためアンドロイドではありえないような、これまでにないアプリがいくつも誕生しています。


今回ご紹介するのは、iPhoneの新型アプリ「Hawkeye Access」になります。


この「Hawkeye Access」は、何と人の視線のみでiPhoneのデバイスの操作が可能なアプリなんです。


今回は「Hawkeye Access」の驚くべき視線入力機能についてご紹介させていただきます。



視線入力アプリ「Hawkeye Access」を開発したのは「Hawkeye Labs」



これまでスマホの入力方法といえば、「タッチパネル」そして現在は「音声入力」の時代まできています。


ところが2018年7月、ツイッター上にあるとんでもない動画がアップされました。


その動画の内容とは、一人の青年がスマホのディスプレィには一切指を触れず、声も発せず、視線だけで入力をしていたんです。





普通はありえないと思います。しかし、これは本当のことなのです。


実はこの動画をアップしたのは、視線入力アプリ「Hawkeye Access」を開発した「Hawkeye Labs」のCEOのマット・モスさん


動画の内容はすべて真実で、人の視線のみを使ってiPhoneをコントロールしたんです。

なぜiPhoneは視線入力ができるのか?



では、なぜiPhoneは視線入力ができるようになったのでしょうか?


その理由はiPhoneXから搭載された「TrueDepth(トゥルーデプス)カメラシステム」のおかげです。


「TrueDepthカメラシステム」とは、これまでの顔認証機能よりも格段に優れたトラッキング機能が、人の表情の細かな動きを読み取ることができるシステムのことなんです。


一時話題になったCMで女優の高畑充希さんが、海岸でXジャパンの「紅」を歌う高畑充希さんの顔が、犬のアニメ動画に変換されていたCMを覚えていますか。


まさに、あれこそが「TrueDepthカメラシステム」を使った機能なのです。

実際に人は視線入力アプリ「Hawkeye Access」をどう使うのか?



実際の使い方は次のようになります。

・カーソルと目がマッチングしており、今スクリーンのどこを見ているのかを表示

・まばたき、笑顔が選択のサイン

・画面の右下がホームページ

・画面の左下が前画面



その他、いくつかの目のサインでコントロールします。



まとめ



今回は「Hawkeye Access」の驚くべき視線入力機能についてご紹介させていただきました。


「Hawkeye Access」は、これまでの入力方法を変えるかもしれない程の革新的なアプリです。


まさに、iPhoneだから支援入力を実現できたのかもしれません。