災害や停電に最適なモバイルバッテリー?太陽光で充電するミリタリーソーラーチャージャー!

どうもー、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


ここ数年、日本は異常気象に見舞われていますよね。


地震や台風や大雨など、もはやこれまでの常識は通用しなくなったのではないでしょうか。


最悪、家や家財道具の全てが喪失してしまう事さえあります。


そんな最悪な時であっても、人は情報を欲しがる生き物です。


今現在の自分はどうなっているのか。


この先、どうなるのかをいち早く知りたいことでしょう。


他の家財道具の全てを失くしたとしても極端な話、スマホさえあれば情報を収集できたり、こちらからもいろんな場所に連絡ができたりします。


ところが、そんなスマホにも唯一弱点があります。


それはスマホの電池の残量であります。


スマホは電池の残量がなくなれば、何も役に立たなくなります。


そんなスマホに、電気を充電してくれるものがモバイルバッテリーです。





今回は、モバイルバッテリー「CUPOLA(キューポラ)ミリタリーソーラーチャージャー」についてご紹介させていただきます。


CUPOLAミリタリーソーラーチャージャーとは、一体どんなものでしょうか?



モバイルバッテリーのメリットデメリット!



今現在、モバイルバッテリーは災害時だろうが、そうではない時であろうがスマホについで、最も必要とされているガジェットです。


その理由は屋外や充電元が無い時に、スマホの電池量のバックアップをしてくれるからです。


ところが、そんな重要な役目を果たすはずのモバイルバッテリーですが、避けられないデメリットがあります。


それは、モバイルバッテリー自体への充電であります。





ほとんどのモバイルバッテリーは、家庭用コンセントや乾電池から充電されますが、災害時にそれらの充電元が喪失した時には充電はできません。

充電元は太陽光?CUPOLAミリタリーソーラーチャージャーとは?



ほとんどのモバイルバッテリーは、充電元として家庭用コンセントや乾電池を必要とします。


ところが、今回ご紹介する「CUPOLAミリタリーソーラーチャージャー」には、家庭用コンセントや乾電池が必要ありません。


なぜなら「CUPOLAミリタリーソーラーチャージャー」は、太陽光から充電できるモバイルバッテリーだからです。


本体の大きさは、普通のスマホとほぼ変わらないポケットサイズです。


太陽光からの充電の仕方は、晴天の日窓辺にただ置いておくだけです。


電池残量満タン時で普通のスマホであれば、約3回ほど充電できます。


スマホに充電用のUSBポートは3か所あり、お値段も約5,000円ほどで購入できます。


まとめ



今回は、モバイルバッテリー「CUPOLAミリタリーソーラーチャージャー」についてご紹介させていただきます。


モバイルバッテリーは、今現在いろんなものが販売されています。


電池の充電容量が大きいに越したことがありませんが、災害時などには逆に重すぎて移動の邪魔になります。


その点モバイルバッテリー「CUPOLAミリタリーソーラーチャージャー」はポケットサイズで小さくて軽いので、災害時や非常の持ち運びにも大変便利です。