【Power CoreFusion 5000口コミ】Ankerおすすめモバイルバッテリーメリット5選

どうもー奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)でございます!


スマートフォンやタブレットの性能向上や、外出先の各地で利用することができるフリーwi-fiの設備が多く整備されたことによって、外出先でガジェットの充電をすることなく利用するためにモバイルバッテリーを持ち歩く人が増えています。


モバイルバッテリーは、外出先などでコンセントを利用できない環境であっても、手持ちのケーブルとスマートフォンなどをつなげるだけでスマートフォンの充電を開始することができます。


モバイルバッテリーを持ち歩くようになると、必然的に所持品の点数は増えるため、バックの中がごちゃごちゃになってしまいます。


なるべく、持ち歩く物を少なくしたいという人にオススメなモバイルバッテリーが、Anker社製Power CoreFusion 5000です。


ここではPower CoreFusion 5000の魅力についてご紹介します。



Power CoreFusion 5000のここに注目!性能&利便性などメリット5選



Power CoreFusion 5000のモバイルバッテリーなどの性能などについて紹介します。

モバイルバッテリーでありながらコンセントプラグを搭載



Power CoreFusion 5000の最大の魅力は、モバイルバッテリーでありながらコンセントプラグを搭載していることです。


これによって自宅などでコンセントを取ることができる環境では、急速にモバイルバッテリー自体の充電をすることができます。


その上旅行などを長期で持ち運ぶ場合には、スマートフォンと充電器、充電ケーブル、それにモバイルバッテリーと4点の所持が必要でしたが、Power CoreFusion 5000は充電器のACプラグ部分を兼ねているので、充電器を持ち歩く必要がなくなりました。


これにより、所持品を減らすことができるのでバッグの中がガジェット類でごちゃつかずに済ませることができます。

PowerIQ2.0で急速充電にも対応



Power CoreFusion 5000は、モバイルバッテリーでありながら急速充電にも対応しています。


Power CoreFusion 5000に搭載されたPowerIQ2.0という技術によって、Power CoreFusion 5000のスマート充電チップは、接続されたガジェットが何であるのか即座に判定して、そのガジェットが最速の充電ができる電圧値に調整することができます。


iPhoneやiPadなどのApple製品はもちろんのこと、サムスンのGalaxyやLGのスマートフォンなどを市場に出回るほとんどすべての製品に対応しています。


今やモバイルバッテリーに必須となってきた急速充電機能も、本製品では持ち合わせているのでおすすめです。

5000mAhはiPhoneXS1.3回分充電可能!軽量コンパクトで持ち運び性抜群



Power CoreFusion 5000のバッテリー容量は、5000mAhです。


iPhoneXSであれば1.3回の充電を行うことができ、現在出回っているどのスマートフォンでも1回以上フル充電することができます。


その上、Power CoreFusion 5000は重量が約189gと軽量であることから、充電をしながらスマートフォンを利用する際にも、それほど邪魔になりません。


Power CoreFusion 5000は、必要十分の充電容量と軽量コンパクトで高い持ち運び性を実現しています。

どんなテーブルと組み合わせても最大速度充電可能



Power CoreFusion 5000に搭載されたVoltageBoostの技術によって、市販のどんなケーブルをつないでも最大速度での充電が可能になりました。


ケーブルの種類によっては、ケーブル内部の抵抗が高いことによって充電速度を阻害しているものもあります。


Anker独自のVoltageBoostの技術は、ケーブル内の抵抗を低めることによって充電速度を可能な限り高めることができるように設計されています。

充電ポートは二つ搭載



Power CoreFusion 5000には、充電ポートが二つ用意されています。


これによって、2台同時にスマートフォンを充電することができます。


ガジェットの充電切れはふとした時に突然やってくるものです。


充電ポートが二つあれば同時に二つまでの充電も対応することができるので、モバイルバッテリーとしての安心感は高まります。

口コミ


●「人気商品なのでプライムセールでなんとなく購入しましたが、今では手放せない存在になっています。夜寝る前にこのアダプタでiPhoneを充電し、出かける際はアダプタごと持って行く。メリットとしてはたったこれだけなのですが、手軽さが半端ないです。iPhoneだけでなくGoProの緊急用バッテリーとしても活躍してるので、購入1ヶ月で十分もとはとったかな?」


●「購入してから約6ヶ月が経過しました。6回ほど海外出張に行っています。出張時はこれまで電源アダプタとモバイルバッテリーを個別に持ち歩いていました。
電源のある場所ではアダプタ出したり、バッテリーの残量を気にしたりという手間が無くなり、これ1つで済むので精神的に非常に楽です。
その代わり、電源アダプタ、モバイルバッテリー単体(容量によります)に比べると大きく、重たくなっている為、
片方の機能が必要ない時(電源の無い場所に出かける際など)は、その重さ、大きさがデメリットになります。」


まとめ



いかがでしたでしょうか。


モバイルバッテリーを購入する際には、自分がどのような用途で用いるのかを確認してから購入するのがおすすめです。


スマートフォンを一回フル充電するくらいで用が足りる使い方をしているのであれば、Power CoreFusion 5000はおすすめの商品です。


皆さんもこの機会に、Power CoreFusion 5000の購入を検討してみてください。