【レビューLogicool】ロジクール最軽量マウスm336【長持ち&使い心地がおすすめ】

どうもー奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)でごわす!


当サイトをご覧の皆様は普段、PC用としてどのようなマウスを使っていますか。


手の大きい僕は、もっぱら有線のLサイズマウスを使用しているのですが、時々こう思います。


コードがわずらわしい!あと、USB端子が足りない!と。


USBハブなどを使用して端子数を根本から増やしてあげるのも、もちろんいいのですが、そうするとノート・デスクトップパソコンを載せたテーブル上がとてもごちゃごちゃとしてしまって、あまり精神衛生上よろしくありません。


そんな僕が普段よく用いているのがLogicool「m336」になります。



接続方法が簡単&楽チン






本マウスはBluetooth対応マウスとなっていまして、それに対応したパソコン・スマートフォン・タブレットなら、どんなものでも簡単に接続することができます。


実際、手持ちのLenovoノートパソコン、FireHD8タブレット、iPhone、iPadにて正常な動作が確認できました。


ですので、対応している機種は幅広いと言えるかと思います。


公式サイトによると、対応しているOSはWindows7~10、またMacOS10.8以降Android 3.2以降、およびChromeOSなどです。

最軽量!驚異の100グラム



このマウス、とにかく軽いです。


100グラムという数字は内臓の乾電池まで含んだグラム数で、しかも当マウスは乾電池一本で動くので、そこで無駄に重みが増しているということもありません。


肩こりが酷いという方にも、オススメだと思います。

電池が長持ち!最大10ヵ月



無線マウスやキーボードにおいて、心配なのは不意の際の電池切れや接続切れだと思います。


ですが、このマウスは乾電池一本でなんと最大10ヵ月
(メーカー公称)となっており、長時間電池交換無しに快適に使用することができます。

スポンサーリンク

使い心地も快適



このマウスを形容すると、まずそのコンパクトさがあげられます。


手のひらよりも小さいコンパクトなサイズ感は、ポケットやバッグの片隅、ノートパソコン持ち運び用バッグのポケットなど、いたるところに忍ばせることができるでしょう。





人間工学に基づいた曲線的なフィルムは、手のひらにピタリとおさまり、サラサラ感と密着感の絶妙なラバーグリップは、決してうっかり手放してしまったといったミスを起こしません。


ホイールは「ゴリゴリ」といったような抵抗感のあるタイプではなく「サラサラ」と流れるように回せるものですので、余計な抵抗を感じることはなく快適な使い心地です。


左右のクリック音は「カチッ」とした、しっかりとした押し心地のあるもの。


静音性の高いマウスを求める人は、この点が少し気になるかもしれませんね。


また、一見ボタン数は少なく見えますが、ホイールボタンを左右に倒すことによって、それらもボタンとして作動するので、左右クリック+ホイール左右+ホイール押し込みの、合計5ボタンが使用可能となっています。


これだけあれば、サイドボタンの数で困ることはほぼないでしょう。

これが目玉!ジェスチャー機能



このマウスの最大の特徴。


それは、マウスジェスチャー機能に対応していることです。


では、マウスジェスチャー機能とは何か。


ホイールの下についている、小さな黒いボタンがあります。





このボタンを押しながら、上下左右にマウスを動かすことで任意の操作、および機能を使用することができます。


例えば右にスライドで「ページ送り」左にスライドで「ページ戻し」など、うまく利用できれば、パソコンの使用効率を何倍にもあげることができますね。


Macユーザーの方などは、例えば「タブ変更」を割り当てるといいかもしれません。


ちなみに、ボタンの割り当て自体はLogicool純正ドライバーから変更することができ、そちらも操作は簡単なので自由にボタンを割り当てることができます。

まとめ



コンパクトかつ使い心地の良いこのマウス。


定期的にAmazonタイムセールの対象などにも選ばれているようですので、そういった機会を見つけて購入してみるのはいかがでしょうか。


定価でも3000円もしない低価格。買わない手はありません。