最強スマートフォンHUAWEI P30Proのレンズ機能やメリットを紹介!

どうもー、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)でございます!


2019年3月に満を持して発売されたのが、HUAWEIから発売されるP30Proです。


HUAWEIのフラグシップスマートフォンは、先代が発売された時もその高性能さと価格のリーズナブルさで世界の注目を集めました。


HUAWEI P30 Proでは、世界のスマートフォンかけて4眼のアウトカメラ搭載したことでも話題をさらっています。


レンズメーカーとして名高いLeica監修の映像を搭載した4眼カメラと、HUAWEIお得意の撮影シーンを自動判別してくれるAI技術によって、誰でも簡単に美しい写真を撮影することができるようになっています。


ここでは日本ではまだ発売されていませんが、HUAWEIのP30Proのスペックをご紹介して魅力に迫りたいと思います。




HUAWEI P30 Proの基本スペック



HUAWEI P30 Proの基本スペックは以下の通りとなります。

製品名HUAWEI P30 Pro
本体カラー5色(日本で発売される色は未定)
プロセッサーHUAWEIKirin980
メインメモリー8GB
ストレージ128GB、256GB、512GB
液晶ディスプレイ6.47インチ有機ELディスプレイ(2,340×1,080ドット)
カメラ アウトカメラ広角4,000万画素、超広角2,000万画素、望遠800万画素、AI搭載
インカメラ3,200万画素
無線機能IEEE802.11b/g/nBluetooth®5.0
OSAndroid 9.0(Pie)
サイズ高さ約158mm×幅約73.4mm×奥行き約8.4mm
質量約192g
希望小売価格(税別)未定およそ125,000円
発売予定日未定2019年4月予定

 

HUAWEI P30Proのメリットや魅力!



HUAWEI P30Proは、HUAWEIのフラグシップスマートフォンです。


HUAWEIの持てる全てを注ぎ込んだ結晶がこの一台であると言えます。


ここでは、HUAWEI P30Proの魅力ポイントをご紹介します。

高い画面占有率で美しい画像を大画面の迫力で楽しめる!



HUAWEI P30Proは6.47インチの有機ELディスプレイを採用しています。


解像度はフルハイビジョンの2340×1080で、画面上部に搭載された水滴型ノッチは先代に比べてさらに小さくなっており、画面占有率を高めています。


水滴型ノッチにはインカメラが搭載され、顔認証に対応しています。


このインカメラの画素数は3,200万画素を誇っており、自撮りによるポートレート撮影も美しい写真を簡単に撮ることができます。


ロック解除に用いられるのは顔認証だけでなく、ディスプレイ内に指紋認証センサーを設けるインディスプレイ指紋認証を先代から踏襲しています。

Leica監修レンズを3つも搭載!誰でも美しい写真を簡単に!



HUAWEI P30Proの真骨頂は圧倒的に高い画素数を誇る高精細のレンズを三つも搭載し、撮影シーンを自動で判別して最適な撮影モードに自動で切り替えてくれるAIアシストによって、誰でも簡単に美しい写真を撮影することができる点にあります。


さらに光学ズームは5倍、本体内に屈曲光学系レンズを搭載することによって、画質の劣化を抑えたハイブリッドズームを50倍まで利用することができます。


この結果、望遠レンズの焦点距離は125mmまで伸ばすことができ、より遠くのものを美しく写真に収めることができるようになりました。


デジタルズームでは最大50倍まで被写体によることができます。


搭載されている画像センサーもすべてがカラーセンサーとなり、より高い画質で写真を残せるようになりました。

最新のCPU Kirin980を搭載してどんなスマホゲームでもサクサクに楽しめる



スマートフォンゲームを楽しむ上で重要なのはCPUの性能です。


HUAWEI P30Proは先代のKirin970から1世代進化したKirin980を搭載しており、先代でもどんなスマートフォンゲームでもサクサク楽しむことができましたが、HUAWEI P30 Proでも同様にストレスフリーでゲームを楽しむことができます。


本体の底面には、USB Type-CのスロットSIMスロットが備え付けられています。


SIMスロットにはnanoSIMを2枚挿入することができ、デュアルSIMデュアルスタンバイにも対応しています。

まとめ!



いかがでしたでしょうか。


HUAWEI P30 Proは先代のHUAWEIP20Proからの正当進化を確実に感じることができるフラグシップスマートフォンに仕上がっています。


世界でも類を見ない4眼カメラによる写真撮影体験は、これまでどのスマートフォンでも体験できなかったような新鮮な楽しみを享受できることでしょう。


日本での発売が待ち遠しいですね。