スマホのGの意味は進化?次世代移動通信5Gだとなにが変わる?1G~4Gまでの変化!

どうもー、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


最近「5G」という言葉をよく耳にしませんか?


ほとんどの人は、なんとなくネットの通信速度のことではないかと思われていることでしょう。


では「5G」とは、一体どんなものなのでしょうか?


今回は、次世代移動通信「5G」についてご紹介させていただきます。



「4G」「5G」の「G」とは?



そもそもですが、スマホを使っていると「3G」や「4G」という名称で呼ばれていますよね。


では「3G」や「4G」とは、一体何のことなのでしょうか?


「G」とは「Generation(ジェネレーション)」のことになります。


なぜ「Generation」と呼ばれるかいうと、携帯電話やスマホの通信手段は、現在の「4G」になるまでの間「1G」から順に進化してきたからです。

「1G」→「2G」→「3G」→「4G」→「5G」(2020年予定)


「1G」第1世代移動通信システム



ここからは「1G」から「4G」までの進化の流れをご説明させていただきます。


「1G」とは「アナログ携帯電話」のことです。


「1G」が登場したのは最近、何かと話題になっている、前回の大阪万博の1970年(昭和45年)に登場しています。


1979年に日本電信電話公社(現NTT)が「自動車電話サービス」を開始します。


1985年には、現在でも有名な「ショルダーホン」が登場しますが、重量約3kgの肩かけ式でかなり重い奴でした。


ここまでが「1G」と呼ばれた世代です。ここまでは、法人(会社)契約しかできませんでした。

「2G」第2世代移動通信システム



「2G」からは「デジタル方式」に完全移行します。


「2G」からメールやインターネットに対応します。ポケットベルやPHSも登場します。


1990年代後半から、現在のような「ポケット型携帯電話」が一気に普及します。

「3G」第3世代移動通信システム



2001年に入ると、それまでとは桁違いな高速データ通信が可能なサービスが開始します。


いよいよ、ここからが「3G」時代に突入します。


「3G」に入ると規格が世界共通化され、日本の携帯電話を海外で使うこともできるようになりました。


そして「3G」の大きな特徴が「桁違いな高速データ通信」ができるようになったことです。


それによって、現在のように携帯電話でインターネットが利用できるようになりました。

「4G」第4世代移動通信システム



NTTドコモが、2015年3月27日から「LTE-Advanced」による「4G」の商業サービスを正式に開始します。


それまでは「4G」と呼称していい「3.9G」がサービスをしていました。


「4G」の大きな特徴は「50Mbps-1Gbps」程度の超高速大容量通信を実現したことです。


ところが「4G」の登場で「データ量制限」や「速度制限」などという「3G」時代にはなかった問題も起こるようになります。

次世代移動通信システム「5G」が始まると一体何がどう変わるのか?



前章までは「1G」から「4G」までの進化の流れをご紹介させていただきました。


では、2020年度開始予定の「5G」に変わると一体何がどう変わるのでしょうか。


「4G」から「5G」に大きく変わるのは

●超高速で大容量化した通信

●超低遅延で高信頼性

●同時接続できる端末数の増加



この3つです。

5Gだとここまで変わる①「超高速で大容量化した通信」とは?



「4G」=「50Mbps~1Gbps」→「5G」=「10Gbps~20Gbps」というくらいに、通信速度が格段に上がります。


分かりやすい例でご説明すると動画のダウンロードが「4G」=「30秒」→「5G」=「約3秒」で動画のダウンロードが完了します。



5Gだとここまで変わる②「超低遅延で高信頼性」とは?



「超低遅延で高信頼性」を簡単にご説明させていただくと、遠隔操作でロボットを操作する時のタイムラグが少なくなるということです。


通信が高速化されることで、当然「送信」と「受信」も高速化されます。


これまで「4G」では10秒ほどあったタイムラグが「5G」では「約1ミリ秒」になり、ほとんどリアルタイムでの操作が可能になる予定です。

5Gだとここまで変わる③「同時接続できる端末数の増加」とは?



「同時接続できる端末数の増加」とは、簡単にご説明するとこれまで「4G」はスマホやパソコンだけしか接続できませんでした。


ところが「5G」からは「カメラ」や「センサー」などの、さまざまなデバイスに接続できるようになります。


例をあげると、家電やウェアラブルデバイス、自動運転カー、産業用ドローン、遠隔手術、農業用センサー、セキュリティーカメラなど、あらゆるものが接続可能になるということです。


また、一度に接続できるデバイスの数を、1つの基地局で100倍にすることで対応する予定です。

まとめ



今回は次世代移動通信「5G」についてご紹介させていただきました。


「5G」には、上記でご紹介したメリットの他にも、8Kの映像や3D化などあらゆるものが期待されています。


2020年には「5G」が開始されるといわれています。


「5G」に変わることで、我々の生活がどのように良くなっていくのか大変期待が持てます。