モバイルファーストインデックス(MFI)のお知らせがきた!ブログのページ速度意識してる?

どうも、奄野郎(@zrAjq0hJHkqJqll)です!


実は、つい最近のことなんですが奄野郎のトレンドブログに対して、Google Search Console Team(以降サチコチーム)からあるメールが届いたんですよ。


サチコチームからメールがくるときは、マジで心臓がバクバクします。


もしかして、手動ペナルティの通知案内?って毎回ヒヤヒヤもんですよ(笑)


しかし今回は、モバイルファーストインデックスの有効化についての案内でした。


マジでガクブルしました(笑)


サチコチームからメールがくるときは、毎回ロクなメールじゃないんですよね。


インデックスのカバレッジが増えてますとか、メタデータの重複が増殖してますとか、素人にはチンプンカンプンな訳ですよ。


URL変更したらタイトルタグとメタデータの重複が増殖!プラグインで対処! | 奄美大島のこともっと知っちゃえブログ
まぁ今回に関しては、調べたらそんなに悪い内容では無かったので、今日はその事について記事を書きたいと思います。



モバイルファーストインデックス(MFI)とは?



そもそも、モバイルファーストインデックスってなに?って方もいらっしゃると思います。
※モバイルファーストインデックスの略語はMFIです。


奄野郎もサチコチームから通知がきた時、意味が分からずでチンプンカンプンでした。


調べてみて少しだけ分かったことを簡単に説明すると、モバイル、つまりスマフォやタブレットでの検索結果が今後、順位として評価されますよってことに変わったみたいです。


MFIが有効化される前は、奄野郎のコンテンツはパソコンサイトをもとにインデックスされて、検索結果の順位が評価をされていました。


それが、今後はパソコンからモバイルに変更となったのです。


皆さんもすでに、分かっているとは思うのですが、パソコンからの検索流入よりも圧倒的に今はスマフォやタブレットからの検索流入の方が多いですよね。


今は、学生も1人1台はスマフォを持って当たり前の時代へと変化したので、当然google先生がこれを見過ごすはずがありません。


モバイル時代の幕開けじゃー!


クローラーbotがこんなこと、呟いてるのかは定かではありませんけどね。


XサーバーXサーバー

いや、絶対呟いてないやろ

Google Search Console Teamからきたメールの内容とは?



では、サチコチームから届いたメールの内容はどんなものだったのか、実際にご覧頂きたいと思います。





マジで怖いですから(笑)


えっ!なにこれは?って感じですよ。


文章読んでも、1つも理解出来ませんでしたから(笑)


色々と調べて出した奄野郎の結論として、この通知がなにを意味するかというと「モバイルフレンドリー」に対応してないブログはいい加減、モバイルフレンドリーに対応させような!っていうgoogleからのお知らせであると捉えました。


最近、流行っているブログのテンプレ「JIN」「SANGO」、そして奄野郎が使用している「賢威7」などは、レスポンシブウェブデザインなのでモバイルフレンドリーに対応しているはずです。


一応、確認がまだの方はこちらの「モバイルフレンドリーのツール」を使用してみて下さい。


この通知は、現時点でレスポンシブウェブデザインに対応しているサイトから順次、有効のお知らせが届くみたいですが、今後は対応してようがしていまいが、全てのブログがMFIへと強制執行されるみたいです。


HTTPS化しかり、MFIしかり


俺の言うこと聞かない奴は、クビちょんぎるぜ!


っていう通告をgoogle先生は今後もさらに、激しく強調してくる可能性があるでしょうね。


SSL化はもはや必須?検索、掲載順位がアップデートで落ちた原因はこれか? | 奄美大島のこともっと知っちゃえブログ

ブログのページ表示速度は意識してる?



恐らくほとんどのブログは、モバイルフレンドリーに対応はしていると思うのですが、ページの表示速度まで意識が出来てるブロガーって意外とそんなにいないんじゃないかなと思います。


奄野郎もそこまで、意識ができてるわけではありません。


多少プラグを入れたり、.htaccessをいじったりしてるくらいでしょうか。


このブログでも何度か紹介をしたんですが、奄野郎のトレンドブログはアップデートでいくつかの記事の順位が落ちてしまいました。


そして、今回のMFIの通知を受けて、ある仮説を立ててみたんです。


それは、少なからずページの表示速度も順位低下に関係してるんじゃね?ってことです。


一応、奄野郎の順位が落ちた記事と、他のブロガーの記事で上位にランクアップした記事を数記事、比較してみました。


そしたら、比較した記事の全て奄野郎の記事より速かったんです。


奄野郎が表示速度を計測するために使用したツールは「Google PageSpeed Insights」です。


ツールに奄野郎のトレンドブログのURLを入力して確認をしたところ、気になった点が1つだけありました。





「サーバーの応答時間を短縮する」っていうやつです。


他の上位にいるブログを、ツールで計測したらサーバーの応答時間を短縮するっていうのは出ていませんでした。


マジ?俺だけかーい!って思ったのが正直な感想です(笑)


この表示が出るのは、サーバーの応答時間が0.2秒以上あるサイトが対象になるみたいです。


ちなみに、奄野郎のブログは0.27秒でした(おしい!)


改善策としては、不要なプラグインを停止したり、PHPのバージョンをアップしたら改善されるみたいです。


しかし、奄野郎のサイトは最新のPHPにバージョンアップ完了済みですし、不要なプラグもほとんどないといった状況であると思います。(自信ないけど多分)


1つ試したのは、エックスサーバーのサーバーパネルの高速化の項目に「ブラウザキャッシュ設定」というのがあったので、これを試してみました。
※エックスサーバーで「ブラウザキャッシュ設定」を行うには、サーバー移行という手順を踏まないといけません。





そしたら、0.27秒から0.25秒へと少しだけ縮まりました。


まだ、改良の余地がありそうなんで、色々と試してみたいと思います。


追記:「ブラウザキャッシュ設定」を試して、程なくした後に新サーバーとプラグの相性が悪かったのか、かなりややこしいエラーが記事の頭に出てきたので速攻で戻しました。


しかも久しぶりに500エラーが出て、テンパリながらの復旧作業となりました。


しばらくは、元のサーバーの状態で高速化に挑戦します。試す際は、自己責任でお願いしますね。


ページーの表示速度が順位に影響しているかも?っていうのは、あくまでも奄野郎の仮説になります。


しかし今後、影響してくる可能性がないとも言い切れません。


最近のGoogle先生は、色々と仕掛けてきますので(笑)


少し、ページ表示速度が遅いという方は今のうちに改善策を探ったほうが良いかも知れませんよ。


今日も記事を読んで頂き、ありがとうございました。