アクティブ体験 大島紬 着付け

【奄美大島】本場大島紬の着付け体験に参加してみよう【高校生~】

こんにちは!結いJAPANの広報担当をしています恵原です。

前回、東京と大阪から武蔵野美術大学の学生さん達が奄美大島に来島して、お絵描きをしたお話しをしました。

ムサビ
【武蔵野美術大学が来島】結いの島大島支部でお絵描きin奄美大島

続きを見る

実はムサビの学生さん達、お絵描き以外にも本場大島紬の着付け体験もやっちゃいました。

今回は、ムサビwith大島紬で記事を書いてみました。

大島紬のはじまりや特徴

【大島紬のはじまり】

その起源は1800年以上前にさかのぼり、日本において最も長い歴史と伝統を持つ織物です。
奄美における養蚕の歴史は古く、1300年以上前から養蚕が行われ手つむぎ糸で紬が生産され、その染色方法も古代植物染色の技法であり、現在シャリンバイ(テーチ木)及び藍染として伝えられています。
本場奄美大島紬は、タテヨコの細かい絣(かすり)糸が模様をつくっています。以前は絹糸を芭蕉の糸などで手くくりして絣模様を作っていましたが、明治40年頃から締めばたによる織締絣の方法を採用するようになり、世界に類を見ない本場大島紬独特の精密な絣模様ができるようになりました。

引用:夢おりの郷ホームページ

【大島紬の特徴】

世界一精巧な絣織物。ゴブラン織、ペルシャ絨毯とならぶ世界三大織物の一つ

軽くて暖かく、しわになりにくいため着くずれしにくい。濡れても縮まない、着用後の手入れが楽など

引用:夢おりの郷ホームページ

あまみ~るで本場大島紬の着付け体験!

ムサビの学生さん達が着付け体験をおこなったのは、伊津部町にある「あまみ~る」で行いました。

あまみ~る

住所:〒894-0021 鹿児島県奄美市名瀬伊津部町20-4

※あまみ~る専用の駐車場はございません。お越しの際は近隣の駐車場をご利用下さい。

学生さん達の着付けにかかった時間は、1人約15分ほどでした。

あまみ~るの内山さんが丁寧に着付けをして下さいました。

ムサビの学生さん達もテンションが上がり、気分ノリノリで町へと繰り出しました。

大島紬を着て高千穂神社でお参りをしたり、おみくじを引いたりもしました。

その後、3月~5月にかけて行われる武蔵野美術大学 奄美展示会の広報宣伝活動をおこなうために、「あまみFM 末広市場」にも足を運んできました。

学生さん達は、あまみFM 末広市場の中にある昔ながらの駄菓子屋さんにテンションが上がっておりました。

奄美大島に遊びに来た際は、大島紬の着付け体験をされてみてはいかがでしょうか。

本場大島紬 着付けアクティブ体験 詳細

対象年齢:高校生以上~

定員:最大3名~(1名からでも参加可能)

開催時間:①10:00~16:00②14:00~20:00

詳細料金:1回6,000円

補足:3月31日までの季節限定ツアーとなります

詳しくはコチラ

 

 

 

 

 

 

あまみ~るでは、機織り体験もおこなえますよ。

【あまみ~る 機織り体験】

-アクティブ体験, 大島紬 着付け
-, ,

Copyright© 結いJAPAN情報通信  , 2020 All Rights Reserved.